読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just a spoon full of creativity

小さじ一杯程度のクリエイティビティを絞り出すブログ

「布団で寝る」しか入力できないTo doリストを作った

新年あけましておめでとうございます。

毎年1月1日になると、実家でダラダラし尽くして使い物にならない脳の片隅で、「今年こそ新しい何かを始めねば」なんてボンヤリ心のなかでつぶやいたりしますよね。

今、まさに謎のモチベーションに駆られてます。グワングワンきてます。正月休みの間に新しいことを始めて、「1年間◯◯を学んで気づいたこと」みたいなエントリーを年末にドヤ顔で書きたい。継続は力なりを己で体現したい。

そんな、年に一度だけのモチベーション爆上げタイム。わたしの頭にうっすら、いやハッキリと浮かんでくるあの7文字の言葉。

そう、「プログラミング」です。

f:id:muhasn:20170101011345j:plain

数年前からプログラミングができる人に対して異様な憧れをもっているわたし。はてなで「◯◯ヶ月でプログラミングを学んで◯◯した」みたいなエントリーを読むだけ読んで何もしなかったことは数知れず。

大学生の頃にプログラミングを始めてサービスを立ち上げた人とか、働きながらプログラミングを学んで転職しちゃう人とか、プログラミングを学んでサービスを立ち上げた主婦の人とか。彼らのブログの文章から勤勉で知的でウィットに富んだ人柄が浮かび上がっていて羨ましさでぶるぶる震えちゃいます。

正月なのでいっそ自分でもやってみるかと思い、これまで読んできた「プログラミングを◯◯ヶ月で学んで◯◯した話」系エントリーを見返してみると、みんなが口を揃えて「作りたいものを作るのが近道」とおっしゃっているではないですか。そう、作りたいものが大切なのです。作りたいものファースト!!

さて、わたしが本当に作りたいものは食べても減らないイクラなのですが、そこはできる範囲から始めるのが大事。さっそく初心者向けのチュートリアルを使って「あったらいいな」を作ってみました。

「布団で寝る」ためのTo doリスト

f:id:muhasn:20170102021131j:plain

http://hrkmu.com/app/todolist/

あれもしなきゃこれもしなきゃとタスクに追い立てられる毎日。降り積もるタスクの洪水を効率良く管理するのではなく、いっそすべてを「布団で寝る」に変換してしまうTo doリスト。ストレス社会を生き抜くためには一に睡眠、ニに睡眠です。さあ、あなたも煩雑なタスク管理から解放されて、勢いよく布団に飛び込むのです。フリーダム!!!

PDCAをひたすらぐるぐる回す

f:id:muhasn:20170102021723p:plain

f:id:muhasn:20170102021741p:plain

http://hrkmu.com/app/pdca_app/

カーソルを合わせると高速でPDCAが回り続けます。PDCAを回すことに大変な苦手意識のあるわたしにとって、回転しつづけるPDCAをじっと見つめ、「なんだ……恐れていたPDCAなんていうのはただのアルファベットの連なりにすぎないんだ…」と感じられることは大変な癒しでもあります。

そして数分後にはPDCAという文字自体を回転させたら楽しいのでは…?という己の浅はかなアイディアに憤りと恥ずかしさを感じ、真っ当な人間にならねばという淡い危機感を抱く仕組みになっております。愚かな自分を省みる貴重な機会をかみしめつつ、PDCAをぐるぐるしようではありませんか。

 

おわりに

10年後くらいに「最初の頃はこんなワケのわからないものを作ってたんですねえ〜」とか言って、食べても減らないイクラを口いっぱいに頬張りたい

身の回りのものをお正月飾りでおめでたくしてみた

やってみた系

こんにちは、みなさんもうすぐお正月ですね。おめでたいですね。

日本全国がハッピーニューイヤーあけおめことよろムードに包まれ、味気ない自分の人生も何だか少しはマシに思えてくるありがたい時期です。

そんなお正月のおめでたいを演出しているのが、これ。

f:id:muhasn:20161224202008j:plainそう、お正月飾りです。この溢れ出るおめでたさ。

f:id:muhasn:20161224194300j:plainモノクロで撮ってもこのおめでたさ。f:id:muhasn:20161224194318j:plain写真がブレブレでもぶれないおめでたさ。f:id:muhasn:20161224194340j:plain裏返しても隠しきれないおめでたさ。f:id:muhasn:20161224194359j:plain ひょっとして、この圧倒的なおめでたいパワーがあれば、わたしの日常もおめでたく生まれ変わるのでは……。

 というわけで、身の回りのものをむやみにお正月飾りでデコレーションしてみました。

掃除機

f:id:muhasn:20161224194537j:plainf:id:muhasn:20161224194555j:plain

不吉なものを根こそぎ吸い取ってくれそうなおめでたいオーラがでています。「交通安全」と書いてあるので、床に落ちてる本をドンガラガッシャンすることも少なくなりそうです。

f:id:muhasn:20161224194706j:plain

掃除機は「ゴミを吸い取る」という点においてすでに縁起のよさげな感じがするので、お正月飾りが加わることでますます縁起物感がでますね。

炊飯器

f:id:muhasn:20161224194941j:plain白くどっしりとした見た目がどこか鏡餅を連想させる炊飯器。炊いた米がぜんぶ赤飯になりそうなおめでたさにクラクラします。ボタンが多少押しにくそうですがおめでたいので良しとしましょう。 

洗面所

f:id:muhasn:20161224195109j:plain

毎朝、冴えない己の顔と対峙しなければいけない洗面所。その無機質でシンメトリーな見た目にお正月飾りが加わるだけで、数百年にわたって継承されてきた有難い儀式が始まりそうな空間に変身しました。

f:id:muhasn:20161224195454j:plain

鏡の前に立つと完全に飾りと顔面が被ってしまう仕様なので、自分自身がおめでたい人間に生まれ変わったような気持ちになれます。謹賀新年マンです。

スマホ

f:id:muhasn:20161224195836j:plainネガティブな情報をすべてブロックしそうな超絶おめでたいスマホ。端末の色がゴールドだったので、予想以上にお正月感が出ました。
f:id:muhasn:20161224200140j:plainスクリーン側から見ても圧倒的なおめでたさがハミ出しています。下の方をもたないとハミ出た飾りが手に当たってちくちくするのでご注意を。

パソコン

f:id:muhasn:20161224201749j:plain飾りをつけるだけで閲覧したすべてのウェブサイトがありがたくみえてきました。

アドレスバーが見えなくて戸惑う方もいそうですが、「交通安全」なので変なサイトに迷い込むこともないでしょう(適当)

ヘッドホン

f:id:muhasn:20161224200228j:plain

ヘッドホンにつけてみたら主張の強い髪飾りっぽくなりました。晴れ着なんかに合わせるとますますおめでたい感が出そうですね。

電車でこのヘッドホンをつけた人の音漏れが聞こえたら、きっと貴方にも幸運な知らせが届いたりするはずです。

ファブリーズ

f:id:muhasn:20161224195815j:plain今年も、洗濯するほどでもないけど微妙にキテる臭いのする衣服を救ってくれたファブリーズにもお正月飾りを。この世のあらゆる災難を取り除いてくれそうなルックにシビれます。

f:id:muhasn:20161224210543j:plain

お正月飾りをつけたままでもちゃんとスプレーを発射できました。 

ハンガー

f:id:muhasn:20161224201440j:plain

なんてことないハンガーもあっという間におめでたくなりました。きっとこのハンガーは"幸福をひっかける"から縁起がよいのだと古くから言い伝えられていることでしょう。

f:id:muhasn:20161224201629j:plain毎朝死んだ目で袖を通しているYシャツでさえ、神聖な儀式のときに身につける装束かのように見えてきます。仕事始めに袖を通すYシャツをこのハンガーにかけておけば商売繁盛まちがいなしですね。

おわりに

おめでたいは作れる!

f:id:muhasn:20161224194300j:plain

巣鴨のおばあちゃんたちにクリスマスの予定を聞いてきた

やってみた系

f:id:muhasn:20161223200101j:plain

「今年のクリスマスの予定はもうお決まりですか?」そんなふうに聞かれる度に死んだ目をしていませんか?

わたしは死んだ目をしています。

何も予定がないんだけれど「何も予定がないです」と答えることすら、"寒いクリぼっち自慢"になってしまうのではとビクビクしてしまう。かといって、イケイケきゃっきゃウフフな予定があるわけでもないので八方塞がり感が半端ない。

せめて休日くらいは...せめて休日くらいはクリスマスを意識せずに済む場所に来たい。

なので、やって来ました。

f:id:muhasn:20161223200527j:plain

曇り空の巣鴨駅に。

続きを読む